あれこれ雑記帳

見たことや感じたことをとりとめもなくその日の気分で書きます。

文化的休日

連休明けのごと日。朝からなんだか忙しい。

11月の声がきこえると動きだすものも多いのかも。

 

今回の連休は息子たちも帰ってこなかったから正直たすかった。それでなくとも結婚式の列席があって疲れはてた。黒留袖を着るのは今回2回目なんだけど、重たくて苦しくて筋肉痛になった。とくにわたしは腹筋がつりやすいからおなかも痛くなった。

チャペルの入り口方向、振り向いて上の壁を見て下さい…って何なん?あんなところに映像を映すとかやめてほしい。わたしは首と腰と腹筋と全部痛くて身体が捻れなかったし、その姿勢を維持することは困難だった。

決して結婚式場には責任ないんだけどさ。

まあ、人の門出にケチをつけようとは思わないけど、今風のハウスウェディングはどうもね…わたしは昭和人間だし? それにめちゃ高額なんだってねえ。

とにかくおめでとう。末永くお幸せに。(叔母ちゃんは根性わるいな)

 

話はかわるが、

この時期、京都では非公開文化財の特別公開が行われる。

今回もいくつか見たいものがあって、その中、知恩院の三門公開に行ってきた。

まさかあの中に入れるなんて、あの上から京都を見下ろせるなんて…とワクワクした。

内部は薄暗くて羅漢さまの顔もよく見えないのだけど、行灯の薄明かりの中、それはそれは荘厳というのか、なんというのかこの世のものではないような美しさがある。

壁も天井もそれぞれ細工が施されている。京都古文化保存協会のスタッフ(学芸員さん?)の説明も聞くことが出来て、勉強になったし、ホントによかったわ。

ただ階段が、とくに下りが滑りそうでこわかった。

f:id:maako4866:20191104103709j:plain

あの「華頂山」の扁額も間近で見ると大きい。もちろん回廊から見下ろす景色は絶景かな。絶景かな。

これ、本来は南禅寺の三門のセリフやった。南禅寺は上ったことないけど。

 

この日は「木枯らし一号」が関西に吹いたとかで、たしかにちょっと寒かった。

いよいよ紅葉の季節も近づいてきたみたいやね。

f:id:maako4866:20191104102821j:plain

 

秋祭り、ふたたび。

いい天気が続かない。雨がよく降る。

おまけに夜には小さな地震がちょこちょこあったりして気持ちわるし。

今日の雨はとくに冷たく感じる。指先が冷える。

 

土曜日のこと。お祭り日和。一般的には時代祭を見に行く人が多いなか、わたしはまた叡電に乗った。何を着たらいいのかわからないこの頃の気候。この日は、午後から晴れてきて、思いのほか気温が上がってヒートテックを後悔した。

 

川に沿って歩いたら、コスモスが見事に咲き乱れて市内とは違う雰囲気を醸し出してた(実際は市内なんだけど)。

この辺りの感じは好き。

f:id:maako4866:20191026134655j:plain
f:id:maako4866:20191026134632j:plain

 

地元民でもないのに道を聞かれた。

「地下鉄の駅まで歩いたら何分くらいかかりますか?」って。

「すみません、このあたりの者じゃなくてよくわからないんです」

むしろわたしが聞きたい。

 

今年は橋の上で行列を待つことにした。なかなかのいい場所だと思った。 

f:id:maako4866:20191026134913j:plain

f:id:maako4866:20191026140611j:plain

「昔はお祭りの行列が優先で車なんて通行止めや。今ではお巡りさんに先導してもらって遠慮しながらの行列やけどな…。もちろんこの道も土道やったし……」

近所のおじいさんが話しかける。

f:id:maako4866:20191026142240j:plain

 

秋祭りっていいね。

もともとは鞍馬の火祭とかだって村の祭りであって、観光のための祭りじゃないと思う。

f:id:maako4866:20191026144503j:plain

ひとけのない駅。 ずいぶん長く待った気がした。

 

鴨川デルタあたりも、のんびりしたムードが漂っていた。

みんな平安神宮方面へ行ってるのかもね。

なんとなく満足して、胸いっぱいになって帰途についた。

やっぱり見に行ってよかったよ。よそ者だけど。

f:id:maako4866:20191026150846j:plain

書くのやめようかと思ったけど書いとく。なんの問題もないし。

 

今週末、着物を着るから中途半端にしてないでスッキリしようと髪の毛切りに行ったら短くなりすぎた。黒留め袖着るんやけど、こんなんでおかしないやろうか…。

 

 

台風は過ぎたけど

今度の台風は大きな水害をもたらした。いつもは美しい川が一変、家も田畑も押し流す。自然の前では人間がいかに無力な存在であるかと思い知らされる。富みも名誉も何の助けにもならない。

お見舞いの言葉も見つからないのが今の気持ち。

復興が一日も早く前に進むことを祈るばかり。

 

今日の京都は久しぶりに青空が広がったものの気温が下がってきた。冷え症出てくる。くつ下を探す。

病院行って、今回もいい調子だったのでよかった。

ただ先日の内視鏡で見つかったピロリを除菌した方がいいということで、また投薬が増えそう。胃の調子悪い日が多いから、除菌でスッキリするならいいけども。

f:id:maako4866:20191015134016j:plain

キンモクセイの香りがしたから、行ってみるとそこにはキンモクセイの木があった。当たり前やな...。

青空の有り難み。

f:id:maako4866:20191015133340j:plain

帰りの車で、ふとミラーを見たら口紅どころか眉書くのを忘れてた。ビックリ。わたし朝からこんな顔してたん?やば。

全く無いというわけではない。それは怖すぎ。

白川沿い

やっと夜も涼しくなって寝やすくなった。

ちょうどいい気温はほんのしばらくのことで、「さぶいさぶい」って言うのもそう遠くないかもしれない。

またしても、猛烈な台風が来そうという予報を聞いて恐怖を感じてる。このあいだの千葉にしても去年9月のヤツにしても、あり得ないような台風がきた。それをまだ上回るちゅうから、来るなと祈るしかない。台風に悪意はないんだから。

 

日曜日は少し歩こうと思い、また東山。といっても左京区近辺。

ドラマや映画のロケにも出てくる場所を確かめる。

いわゆる「京都もん」を見ると「これってどこやろな?」と気になる場所に出くわす。長く暮らしてても、まだまだ知らない場所も多い。聖地巡礼とかロケ地巡りってほどでもないが、ちょっと気になってしまう。

 

このあいだ、病院の待ち時間に見ようと思って、プライムビデオをダウンロードして映画かな?観たら、背景の京都の映像はとても綺麗だったけど、ストーリーが今一つで残念だった。そういうのも多いかもしれん。

 

三条以北。白川沿いのもっこ橋とか堀池橋。このあたりの白川沿いもいい感じ。

f:id:maako4866:20191006110529j:plain

f:id:maako4866:20191006110726j:plain
 

ぶらぶら歩いて岡崎公園から聖護院、京大病院右手に見ながら鴨川に。

ちょっと歩きすぎたかな。

f:id:maako4866:20191006111015j:plain

 

f:id:maako4866:20191006114446j:plain

今年はキンモクセイの香りがしないなあ。まだ早い?
 

つい最近、前を通ったばかりの和菓子屋さん。

「そんなんとっくに空き地やで」とオットが言うので、確かめようとチャリで千本通り。確かにもうなかった。あちこち空き地でどれがそうだったのかもわからない。

今に始まったことじゃないけど、お宿バブルだかなんだかで街中は解体と建設ばっかり。誰が得してるのかなあ?イヤになるね。

 

内視鏡検査

今年ももう10月に入った。残りは3カ月足らずという早さ。

それにしても蒸し暑くって、昨日など最高気温は33.6℃とか聞く。

朝には市バスのバス停付近で蝉が一匹鳴いていた。

 

先日来、どうも気になって仕方なかった胃がん検診。申込みをしたものの胃カメラは抵抗があってずっと憂鬱な気分だったのだ。でもとうとうその日が来てしまい、近くのクリニックへ行った。またそこがオシャレな空間で医院とは思えない。受付はガラス張りの箱のような部屋で、受付のおねえさんだって白い服なんて着たはらへん。

今どきの医院はこうでなきゃあかんのか?とか感心する。検査も前処置の部屋も壁が真っ黒。閉所が苦手なわたしには抵抗あり。

で、今回初めて経鼻内視鏡というやつを経験した。

予想以上に苦痛が少ない。ゲエッってならない。一度経鼻を経験したら口には戻れない。とにかく無事に終えることができた。保険診療にしたから、検査料やら病理検査の費用やらで1万近くかかったけど。市の検診で要精検となっても同じように費用はかかるから仕方ないと思われる。

上手やね、内視鏡慣れたはるねえ…って言われたが、慣れてるはずがないやん。

最後に胃カメラやったのはもう10年以上前のことで、あまりの苦しさに二度としたくないと思ったものだ。

病理の結果はわからんけど終わってよかったな。ピロリ菌除去とかの話もあってそれはそれでまた大変かな。

 

9月の末日はなんかバタバタしてたけど、10月に入って静かになったわ。

増税増税って呪文は怖いね。そんなに買いだめしてどうするの?って話。

 

こんなに暑くっても彼岸花が咲いている。

f:id:maako4866:20191001160244j:plain

f:id:maako4866:20191001160255j:plain

 

商店街の花屋さんの店先でコスモスのポットを2つ、300円で買った。

ちゃんと花をつけてくれるかな。せまい物干しでも。

f:id:maako4866:20191001082516j:plain

免許の更新も済ませたし、大腸ガン検診も大丈夫だったし、胃ガン検診もとにかく終わったし、ちょっとはホッとしてるところ。

月見などなど

連休の間のこと。あいかわらず息子ふたりが揃って帰省する。会社のゴルフコンペあったり、家族内親睦会?あったりして。

このごろは体調がまあまあ安定しているからうれしい。メンタルの方は、余計なことを考えないというスタンスでなんとか維持するように努めている。

せっかくヘタな写真でも撮ったのがあるので、ひとまず書いておこうと思った。

 

今年の中秋は13日だったようだが、満月は14日。十六夜の月。

神泉苑では例年のとおり観月会が催されていた。ことしは船上茶席は中止になってた。いつも夜になってからも長蛇の列が出来ていて通りにくかったことを思うと、問題点が多かったのかもしれない。もちろんお茶席自体は本堂前で実施されてた。

幸い空が晴れていたのでくっきりと満月を拝むことが出来た。

奉納演奏会が毎年あってなんだか楽しい歌が流れてたりする。平成狸合戦ポンポコみたいな?ってなこと言ったら怒られるな…。 

f:id:maako4866:20190914195549j:plain
f:id:maako4866:20190914195449j:plain

f:id:maako4866:20190914201938j:plain

f:id:maako4866:20190914200937j:plain
f:id:maako4866:20190914201220j:plain

f:id:maako4866:20190914200431j:plain


「立待月」はまたその翌日の月を指すらしい。まことに風流。

15日もいい天気がつづく。昼間の気温はかなり上がって夏みたいだった。

9月に入るとビアガーデンも終了しているところは多い。

今回は四条京阪、南座前のレストランKにてビール飲む会?

長男の嫁も初参加。

今まで縁がなくて入ったことがないお店。内容はまあクチコミ通りで…。

京都では歴史のあるお店なので、悪口はあんまり言いたくない。

東を見わたせば八坂神社、東山。四条通りを見下ろすロケーションはいい。有頂天家族によく出てくる場所。暑くも寒くもない気候もちょうどいい。

これ、ちょっと傾いてるのは失敗。

f:id:maako4866:20190915181743j:plain

南座が輝く。

f:id:maako4866:20190915181818j:plain


 気がついたら東山に月が浮かんでいた。

f:id:maako4866:20190915193608j:plain

 

3連休無事に終了。だけど、財布も軽くなってしまってどうすんの?とおもう。

連休明け昨日は病院日だった。待ち時間に萩の寺へ行こうと決めた。

たぶん見頃かと。今年の萩はなかなかボリュームもあって花付きもよくていいね。

季節は間違いなく前へ前へと進んでいるのがわかった。

ゆっくりと観賞できなくて写真撮っただけ。鴨川を早歩きで慌てて引き返した。

f:id:maako4866:20190917134339j:plain

f:id:maako4866:20190917134228j:plain

f:id:maako4866:20190917134122j:plain
f:id:maako4866:20190917134111j:plain

 

白露大安日曜日

まったくいつまでも暑くって嫌になる。

それでも昨日は白露、今日は重陽節句。昼間の太陽からはそれらの言葉がほど遠い気がする今年。

先日、とうとう誕生日がきてしまい、わたしも十干十二支が一回り。

お年寄りの仲間入りをしたかと思うとさみしくなる。

ああ、夢見る少女の時は遥か昔に過ぎにけり…。年齢のことはわすれましょう。

 

昨日のこと。朝から気分転換に東山散歩。

f:id:maako4866:20190908101318j:plain
f:id:maako4866:20190908101137j:plain

 

三条通りから白川沿いを歩いていると「明智光秀の塚」って書いてあった。光秀は首塚、胴塚とかいろいろ伝わってる場所があると聞いたけど、ここは何?

住宅地のなかにひっそりと祠があった。興味本意で近づいてみた。

もちろんお参りも。

f:id:maako4866:20190908100833j:plain
f:id:maako4866:20190908100815j:plain

あとで見た写真、なんかぼんやり白いのあるけど大丈夫?

 

知恩院にはしばらく行ってなかったようで、御影堂も工事中の囲いが外されてた。完成も近そう。大屋根の綺麗さが壮観。こんなに大きかったんやね。もしや初めて目にする姿?かも。京都人やけど。

f:id:maako4866:20190908102743j:plain

f:id:maako4866:20190908102820j:plain

f:id:maako4866:20190908102956j:plain


あまり人も居なくて静かだった。たまに聞こえる法師蝉の鳴き声。日差しは暑いけど夏が終わったのは確からしい。

このちょいきつい石段は「智慧乃道」(ちえのみち)と名づけられている。

智慧とは生きる苦しみから解放されるために必要なもの。とか。

f:id:maako4866:20190908104011j:plain

 

久しぶりの歩きはやっぱり堪えて、帰りには祇園饅頭で和菓子をちょっと買って帰る。いつもどおり。

豆餅とわらび餅。オットのおやつにも残しとく。

f:id:maako4866:20190909103052p:plain

外の暑さにうんざりしたかと思えば、エアコンで体が冷えたりして先週には熱が出た。風邪薬でなんとか収まったが、この季節の変わり目、体調が崩れぎみ。皆さまもご自愛ください。