あれこれ雑記帳

見たことや感じたことをとりとめもなくその日の気分で書きます。

マスクが蒸れる

いよいよ蒸し暑くなってきた。夜が寝苦しい。だから昼間が眠い。

今月は売上がめちゃ減ってしまった。前年比50%減も現実問題。何も手を加えなくても余裕でクリアできる。いや、もともと細工などしませんが。

これで給付金の申請ができるとはいうものの、この先も続くようなら給付金をもらったところで決して楽観はできないのだよ。

 

家にいる時間が長くなると飲酒の時間も増えるわけで、オットのアルコール類がすぐに空になる。わたしは節制を心掛けてるから大丈夫だけど、つい食べ過ぎてしまう。だからとても身体が重い気がしてる。今月は通院もないから余計に油断してしまう。

今年は新型コロナの影響で特定疾患の更新手続きをしなくてもよくなった。自動的に受給者証の期限が1年延長されるらしい。ありがたい。

この時期はドクターの負担も大きいだろうし、いいことだとおもう。

 

週末に本を返却するため岡崎まで自転車で行ってきた。

府立図書館は、子どもの頃に行ったような気がするが、今ではすっかり綺麗な建物に変わってた。今回は返却だけでさっさと帰ってきたが、コロナ落ち着いたらまたゆっくりと館内探索してみたいものだ。

f:id:maako4866:20200523102551j:plain

どうやら地下に閲覧室があるらしい。

f:id:maako4866:20200523102535j:plain

このあたりに昔、京都アリーナ(スケートリンク)があったんやけどな。

どこ?って聞かれたらわからへん。昔すぎて。

小満

二十四節気小満」。さて小満とはなんぞや?と。

万物盈満すれば草木枝葉繁る。万物の成長する気が次第に天地に満ち始める頃。

人間の営みは控えめであっても自然は着々と時を刻み流れゆく。

動画で見る蹴上浄水場ツツジも鳥羽の藤も一際美しい。

人がいないからなおさら美しいのか…。

 


2020京都「鳥羽の藤」「蹴上のつつじ」①【静寂編】

 

二条城も開城された。とはいっても人も少ないし車も少ない。

図書館も少しずつ戻りはじめてるようだが、いきなり人が動きだすのも不安な気がする。「待ってました!」の人もいるだろうが、わたし的にはまだしばらくは自粛したい。

 

朝、区役所の前のバス停でバス待ちをすることが多いが、区役所の窓口時間が短い。

9時半から4時。そのうち昼休みが1時間。職員のひとも大変なのはわかるが、区役所に来る人が多い時期だからこそ短い開庁時間では混雑するだろう。

まあそれはそうとして、バス停のベンチで必ずといっていいほど休憩してる?おばあさん方がいる。たいてい荷物をもっててベンチは占領されてる。昨日は4人今朝は2人。そのひとたちは、やって来るバスには興味がない。だいいち誰もバスに乗る人はいないし、道路に背を向けているのだ。区役所に入るわけでもないし、何なんやろうな?

以前からひとりふたりは見たことあったけど、このごろ急に気になってきたので。

 

ご近所の花壇がきれい。テッセンが大輪の花を咲かせている。

目にも鮮やかな青紫色。

f:id:maako4866:20200520121633j:plain

 

コロナ鬱

ああ、もう疲れた。心身共に不調を感じるようになった。

これ、どうやらわたしだけではないようだ。

原因は何だろうか?と考えた。外出の自粛か人間同士のギスギスした関係か。

家庭内においても毎日毎日家族と顔を付き合わせなくちゃならない。ごはんだって次々とノルマを課せられてるようにも感じてくる。テイクアウトも飽きるし…。

 

根底にあるのは不安感とか閉塞感。そういうのがイライラにつながるのか。

わたしはヒマながらも仕事があるし、子どもも自立して家を出てるし、まだ恵まれてる方かもしれんけど、なんかとてもしんどくなってきてる。

もともと籠もるのは苦手な方ではない。家の中で本を読んだり、糸と針でちくちくと縫い物をするのも好きな方だ。それでもこれだ、いつもオットに監視されてるようなのもしんどい。

そう思うと、旅行、外食、なんかが大好きなアクティブな人はもっとしんどいやろうな。

 

さて、巷ではナゾノマスクとも呼ばれるマスクがあっちこっちで売り出されてる。

ブティックや不動産屋、着物屋、などなど。うちの周りでもパネルを持って道路で立っているおねえさんがいたりする。

うちの店でも仕入れ先が先月にマスク売りませんか?とFAX送ってきてた。

うちはドラッグストアではないし、もちろんマスクなど今まで売ったことはない。

原価はたしか50枚入り2500円くらいで入荷が5月15日以降みたいな感じだった。今思うと注文しなくてよかったよ。どんなものかもわからんと思ったしね。

 

チョーナンの嫁に誕生日のプレゼントをしなきゃな…と今年は思った。でもこの時期だし買い物行くにも……だからといってお金ってのはダメだろうと思い、日曜日に近くのユニクロ行った。店内に入るのに体温チェックがあって、何度も計り直しされた。

まさか、熱があるのか?わたし。と心配になったが3度目のピッで許可が出た。

それから気になって家でも何度か検温したら、いつも35℃台しかない。

そうか、低くてあかんかったのかもな。

このところは低体温、低血圧でボンヤリしてる気もする。人間、必要ではないときにはそういうふうに自己制御するように出来てるんや…と勝手に納得してるけど。

これっていいことなんやろうか?

 

帰りにちょっと寄り道、神泉苑。この時期はツツジがきれいだ。

f:id:maako4866:20200512161037j:plain

f:id:maako4866:20200512161246j:plain


どうでもいいことだが、ホワイトデーにいただいた高級な梅酒。4月ぐらいまで封も切らずに、その後ちびちび飲んでいたが、とうとう空になった。せっかくのオリジナルラベルのボトルを捨てるのは忍びないと、中にチョーヤの梅酒を詰めた。冷蔵庫にいつもあるのはうれしいことで。ひそかな楽しみである。

誰からもらったものかオットは知っているけど、それがホワイトデーのプレゼントだとは知らない。はずである。 

f:id:maako4866:20200424082553j:plain

それにしてもコロナのせいで、わたしはどんどんブスになっていく気がしてる。

京都府立図書館

先週24日の朝刊に載っていた『本の無料郵送貸出』という記事。先着500名に限り1人5冊まで、インターネットで申し込めば本を家まで届けてくれるというサービス。それも府立図書館のカードを持っていない府民でも大丈夫。

受付は28日迄の予定ということだったが、申し込みが殺到してその日のうちに締め切られた。

岡崎にある府立図書館は訪れることもなくてカードも持ってなかったけど、市立の図書館が全館閉館になっているからこれを見逃す手はないと思い、午前中にアクセスして適当な本を予約した。検索画面も初めてだったから手こずったりして。

メールもなくて、間に合ったのかな?と心配していたところ、なんと昨日自宅にゆうパックが届いたのだった。

それはもうびっくりしたよ。

活字中毒にも近いわたしのような者にとってはまことに有難いこと。本屋さんへ行こうかな…でもな…と迷っていたところだったから。ほんまうれしい。 

f:id:maako4866:20200426125122j:plain

f:id:maako4866:20200426130040j:plain


せっかくのいい気候なのに、あちこち外歩きを出来ないのは残念ではある。

息子たちが帰省できないのは、気の毒だけど、まあ仕方ない。どう考えても今年に関しては帰省するべきではない。

 

土曜日、仕事場の近くで、自転車乗った知らんおじさんに声をかけられた。

「すみません、今日って天神さんやってますか?」

知らんよ、そんなん、天神さんは今出川やで…と思いつつ、

「たぶんやってないと思いますけど」というと

「何でですか?」と聞く。

当たり前やろな?コロナやし…とまた思いつつ、

「このまえ、弘法さんも中止やったし」と答えた。

「なんでやあ?せっかくここまで来たのに」

ここからまだ遠いよ…。おかしい人がけっこういるのだ。

f:id:maako4866:20200422092004j:plain

 

このごろは休日も時間を持て余しているので、どうでもいいことをやっている。

たとえば次の冬に備えて袢纏の襟直し、たとえば掛け布団の側生地の張り替え。

もう捨てれば?と思えるくらい古いものなのだけどね。 

f:id:maako4866:20200427105953p:plain
f:id:maako4866:20200427105935p:plain

 なんとか無事に乗り越えたい。もうそれしかない。

ソーシャルディスタンス

最近は初めてお目にかかるカタカナ語が次々と出てきてる。

日本人だけど日本語ではだめなのかな?

オーバーシュートやクラスター、ロックダウン、前から知ってるのはパンデミック。それに、ここにきてソーシャルディスタンス。

スーパーのレジ並びでは床にテープ貼ってあって数字が書かれている。初めて見る景色。詰めたくなるのをぐっとおさえて、ちゃんと守ってる。

なんだか人間味だんだん薄れてくる。マスクしていない人を見たら「あかんやん」と非難する自分がいる。お客さんと話すのも出来るだけ避けて、気がつけば後ずさりしてる。

仕方ないけど悲しい。家族だって一緒に食事をするのは危険とかテレビで言ってた。だいたい日本家屋は兎小屋と揶揄されるように狭い家が圧倒的多数。だから家の中ではどうしても濃厚接触がおこる。避けようがない。

DVも増えてるとか。そら起こるやろう?と思ってしまう。今までほとんど家にいなかったようなダンナがテレワークを強制されて、でも周りでは子どもが走り回って仕事にならない。ゲームの音もやかましい。

ヨメに「どっか連れ出してくれ」とか言ったところで行くところもない。あちこちが休んでる。ショッピングモールも閉まってる。そもそも収入源で頭の痛い家庭が多い。

狭い家に閉じこもれって言われてもな、ホンマにつらい。先の見えないこの不安。

 

不要不急も範囲が曖昧で場所によっては人がけっこう居るよね。

近くのスーパーなんて長蛇の列ができてる。そんでもっていろいろ棚が空っぽだし。

一体どうなってんの?って聞きたくなる。

 

今年の春は心なしかいつも以上に花が綺麗、かも。

f:id:maako4866:20200419112426j:plain

いつになればマスクのない顔が見られる? 透明シートが取り払われる?

f:id:maako4866:20200419112222j:plain

土日に一日中パソコン占領されてわたしとしては最悪なのだよ…。

図書館も閉館してしまったし。アマゾンプライムはこれと言って見たいものがない。

マスクでも縫うとく?

よく眠れぬ

この頃はなんだかよく眠れない。

運動不足も原因かもしれない。そのわりに神経はピリピリしてて夢ばっかり見る。

後味の悪い夢ばっかりだから、夢を食べてくれるという貘の枕とか欲しい。

すっきりと目覚めたいものだよ。

 

いよいよ全国に緊急事態宣言が出てしまった。どうなるんやろ?

お得意先のお店も休業されていたりで、その余波は当然こちらにも影響してくる。

いっそのことドライブスルー検査導入したら?ともおもう。

二条城の駐車場はみごとに広いよ。

f:id:maako4866:20200417091519j:plain

 

火曜日は月1の通院日だった。心エコーと肺機能の検査も予定されていた。

こんな時期に肺機能ってどうや?…って思ってたら、案の定中止されてた。よかったわ。

病院のとなりにある提携のパーキングも閉鎖。交通の便が良い病院ではありがちなことに、院内には一般外来者の駐車場はない。

料金はかかるけど、御所のパーキングに停めようと行ってみたらほぼ空っぽで入口付近に簡単に停められた。みんな駐車料金は払いたくないんやな。わかるよ。

 

今年はまた主治医チェンジでもう6人目のドクターとなった。「長いですね」って言われて「はい、長いです」と返事。いい加減卒業したい。入院なしで元気に暮らせてるだけ有難いと思うべきか。

 

図書館も返却と貸出のみになって、館内の滞在は禁止になってる。これも閉鎖になったら困るなあ。

わたしは書架の間をふらふらと彷徨い歩くのが好きなんだけどな。読みたい本はインターネットで予約するしかない。

新聞や週刊誌を読みながら、半分うとうと昼寝してるような年寄りは、またひとつ行き場を失った。 いいことやな…(^_^;)

 

こうしているうちにも季節は進み、ツツジハナミズキも咲き始めた。

f:id:maako4866:20200417091403j:plain

f:id:maako4866:20200417092030j:plain

 

今朝は歩いて来たんだけど、堀川沿いの桜の木にはすべて名札が下がっていた。

これは御衣黄やったよな?

f:id:maako4866:20200417100955j:plain

f:id:maako4866:20200417100853j:plain

 

「ショウゲツ」はピンクのころころとした桜。

f:id:maako4866:20200417101104j:plain

f:id:maako4866:20200417101128j:plain


暖かくなったのに、右手の中指はいつもレイノーが出て紫色になるのよね…。

書こう書こうと思いながらなかなか書けなくて、結局は、とりとめもない中身になった感。

みなさまどうぞご無事で。



 

 

暗雲たちこめたまま

桜もそろそろ咲き揃った頃だというのに、新型コロナの脅威は増すばかり。

今朝は訃報も流れてきて、あまりの急転直下に言葉もなし。なんということ。

K産大ではクラスターの可能性とか。卒業旅行や祝賀会など自粛すべきなのに…とおもってしまう。せっかく計画を立てて楽しみにしていたことを直前に中止にするという決断はだれもがしたくないけど、その勇気を持ってほしい。自分たちだけでなく他の人たちにも大きな迷惑をかけてしまうことになる怖れがある。

今日はいっそう気持ちが塞いでいる人が多いだろうな。

 

週末も化粧をしないで籠もっていることが多くなった。正直ぜんぜんつまんない。

せいぜい近くまで買い物に行くことくらいで、なんとなく日が暮れる。

きのうは自転車で神泉苑にふらりと立ち寄った。桜がだいぶ咲いてた。 

f:id:maako4866:20200329133245j:plain

f:id:maako4866:20200329133859j:plain

f:id:maako4866:20200329134038j:plain
 

目の前をめずらしい鳥が行き過ぎたから追いかけた。待って待って…きみは誰?

スズメに似てるけど頭と胸の色が違うし、そもそも鳴き声が違う。ピーピー鳴いている。きれいな声。

帰ってからネットで探したらすぐに見つかった。アオジという鳥だった。

f:id:maako4866:20200329133141j:plain

f:id:maako4866:20200329133326j:plain


 先週、堀川沿いを歩いて出勤したときの桜。

f:id:maako4866:20200326090422j:plain

f:id:maako4866:20200326090842j:plain

どうかみなさまもご無事でありますように。